Rss

女性エンジニアにとっての強みとは

エンジニアという仕事はどうしても男性の方が数が多く、未だに女性が入り込みにくい状況も少なくないようだ。最近は採用における差別も少なくなってきているが、やはりまだ数が少ない。そのため、仕事において同じ女性の先輩を目標にすることが難しい場合は、働きにくさにつながってしまうこともあるかもしれない。
女性はどうしても妊娠や出産などを経ることもあり、仕事にブランクができてしまいやすい。このことから技術の進歩が速いほど、ブランクは大きな足かせにもなっていくのである。しかし、女性がエンジニアとして働くことはデメリットよりもメリットが大きくなるという考え方もできる。女性ならではの細やかさ、コミュニケーション能力などは男性にはなかなかないものであり、技術職であっても必要とされるものであるからだ。使いやすさやデザインといった面において男性にはない発想でアプローチすることが出来たり、利用者側の思いをくみ取ることでクライアントの思いをしっかり把握することができるというのは女性ならではの強みである。特に男性はコミュニケーションよりも技術や理論を優先してしまいがちであるが、実はそういったところに良いものを作り出すヒントが隠れていることがあるのだ。女性だからと言って敬遠したり、あるいは自分が女性だからという事で遠慮をしたりせず、女性エンジニアが活躍できる場を積極的に作り上げていくべきであろう。
とはいっても、男性でもコミュニケーションの取り方はスキルと同じく習得が可能だ。今ではコミュ障という言葉がある程にコミュニケーションを億劫に感じる人は多いため、様々な克服方法がある。最近見たサイトにその克服方法が載っていたので見てほしい。⇒http://xn--f9j3ab9e3h9a8e8a1m5hocwiz280dvyzdirzd.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です