Rss

ブリッジシステムエンジニアが果たす役割

技術開発の現場では、海外の開発会社との結びつきが強くなっている。オフショア開発の手法が一般的となり、日本だけでなく海外の会社と協力して仕事を進めるといったことが多い。その際に開発上のトラブルとなりがちであるのは、海外スタッフとのコミュニケーション不足である。互いに意図がうまく伝わらないため、開発プロジェクトに大きな問題を抱えることもよくあるようだ。こうしたトラブルを避けるには、日本と海外との間に立つ役割のエンジニアが必要だ。
オフショア開発における橋渡し役として、ブリッジシステムエンジニアがいる。彼らは、海外の開発スタッフとのコミュニケーションを円滑にする役割を果たし、開発上の意思疎通を助ける。日本と海外では言葉や文化にも大きな違いがあるため、これらの違いについて熟知し、スムーズなコミュニケーションを促すことができる。ブリッジシステムエンジニアが活躍することで、オフショア開発成功の可能性が高まるだろう。今後、オフショア開発による海外との協力の機会はますます増えることになる。そのため、ブリッジの役割を果たすことができる技術者の存在は、重要度を増すと予想される。こういった高度な仕事をこなすためには、システム開発の技術者としての能力はもちろんのこと、海外の文化にも理解ある人物でなければならない。このような条件を満たした人材は貴重なので、オフショア開発に先駆けて獲得できるかが開発プロジェクトの成功の鍵を握っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です