Rss

エンジニアの交流を促すプロジェクトの目標

エンジニアは職人気質で、気難しい側面を持っていることがある。仕事に強いこだわりを持ち、ライバル心が強い人物も多いかもしれない。しかし、仕事に対してそのような強いこだわりを持っているからこそ、技術力向上に意欲を持っているのだ。例えば一人で完結するような職人の仕事であれば、必ずしもコミュニケーションを取る必要はない。しかし一方で、チーム制で開発に関わるような仕事では、職務を果たすために、技術者同士の意思疎通を行わなければならないのは明らかだ。
コンピューター開発の分野で活躍しているエンジニアたちも、似たような特徴がある。情報技術の開発プロジェクトでは、エンジニアとして強いこだわりを持つ一方で、コミュニケーションも大切にしなければならない。それでも、仕事に強い信念を持っている技術者が多い職場であるほど、スタッフ間でのいざこざも起こりやすくなる。円滑にスタッフ間のコミュニケーションを促すには、開発のはっきりとした目標を掲げることが有効となるだろう。互いに自己主張している技術者たちも、目指すべき目標が定まっていれば、その方向に集中することができる。同じ目的を持った仲間であれば、互いに協調しながら積極的な情報の交換を行い、大きな課題である技術開発の問題も乗り越えていける。ただし、技術者たちは、意義を見い出せない目標ではすぐにその本質を見抜いてしまうので注意が必要だ。仕事にこだわりある技術者たちがそれぞれに納得するような、モチベーションが上がる目標を掲げることがまず必要となるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です